住宅ローンと連帯保証人そして破産を想定して考えよう


住宅ローンを組む際に連帯保証人が必要になった場合。住宅ローン 連帯保証人 破産

または連帯保証人を頼まれた場合。

住宅ローンは多額の借金であることから、誰もが慎重になることと思います。


まずは連帯保証人破産等の事故を起こした場合は
返済に関して何か変化があることは無いと思われます。

ただし連帯保証人になったことで
何らかの債務を引き受けたりすることがあります。


その後の返済に滞りができてしまったりする恐れは充分にあることから、
破産者となったら相談に乗ったりすることが大事でしょう。

返済者自身が自己破産してしまった場合は返済は無理というのが普通です



強制執行によって競売に出されますので、住宅ローン 連帯保証人 破産
家の価値というのも関係します。
しかし本人は債務はなくなり、
連帯保証人のほうに債務が回されるということが常のようです。

ですので保証人のリスクは非常に高いものだと思って間違いないでしょう。

連帯保証人になる場合はその家の価値や自分の債務になるだろう
額等を充分に認識しておくことが大事のようです。

住宅ローンを組めたのだから
返済能力があるものだと信じ込むことは
しないほうが妥当でしょう。

どうしても家を買って欲しい場合等は要注意。
保証人になってほしいと頼まれても充分にその後時間をかけて
相談に乗ることがポイントだと思います。


スポンサードリンク

posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。