住宅ローンでの団信加入と三大疾病について


住宅ローンにおいて、よく三大疾病保障特約等の用語を聞くことがあります。団信 住宅ローン 三大疾病

加入することで悪性の癌、急性の心筋梗塞、
それから脳卒中という重い病気、入院が長引く恐れが充分にある病気になった場合。
住宅ローンの債務を保険金によってまかなうことができます


三大疾病になってしまう危険は死亡とほぼ同じようなものだと考えているのです。

加入の際は家族の債務等を減らす、あるいはなくするためにも加入を考える方は多いようです。

団信加入はたとえば銀行での住宅ローンの場合も
特定の保険会社を指定してある場合もあります。



住宅ローンは長い間支払いが発生します。
老後のことを考え、また、家族の成長に伴った支出の増加等も考慮すれば
当然加入するものだと考えて問題ないと思います。

まずは団信のしてくれる保証内容をきちんとつかむことが大事です。団信 住宅ローン 三大疾病
住宅ローンを組む際に金利や商品自体のその他の要素を把握し、
団信加入の必要性を考え、長いものであれば三大疾病についても
別途オプションとして考えるべきだと思われます。


万が一残された家族の生活費というものを考えます。
そして年金や保険金等の事情を考慮し、すでに加入している保険金の額等も考慮し、
ベストなプランを決定することは複雑な作業となります

だから不安な方は専門的な知識がある
保険のプランナーに相談するのもよいかもしれません。


スポンサードリンク

posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。