団体信用生命保険は住宅ローンでは不要?


住宅ローンを組む場合に気になるのが団体信用生命保険です。団体信用生命保険  住宅ローン 不要

銀行などでの住宅ローンの場合は義務としているところが多いですし。
なにより不要と考えるにはデメリットも多いとお考えの方が多いようです。

死亡した場合に債務はどうなるのか?
というとやはり家族に残されると考えるのが普通です。

そのためにも死亡した場合は保証により完済されるような優良なシステムを探したいものです。

なかには保障の効力が限定される場合もありますので充分に返済プランを見直しましょう。
見直す点は
何歳まで返済しなければならないのか?
自分の健康状態はどうなのか?
など現在の健康状態も含め、検討することが大事と思われます。


見直すのあが不要であると言えばそのままで、
支払いが滞りなくできる自信があれば不要でかまわないのだと思います。

しかし住宅ローンの性質を考えますと、団体信用生命保険  住宅ローン 不要
どうしてもそのようなことをお勧めはできません。


団体信用生命保険を義務つけていない商品の場合、
保険等に入ってまかなえばいい等を考えることも可能と思いますが、
保険を解約してこちらに加入するということを考える方も多いようです。


また団体信用生命保険加入することにより得をする場合もあるようです。

商品の金利や返済プランを充分に練った後で、
団体信用生命保険は必要なのか不要なのかを検討し、
プランニングすることが必要です。


スポンサードリンク

posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。