フラット35の審査に落ちた理由とは


フラット35というシステムの人気は落ちることがありません。フラット35 審査 落ちた
長期の固定金利、借り入れの際の金利が末永く続きます。

団信への加入ももちろんできますし、借り換えも現在では保障型においてできるようになっています。


長年付き合える住宅ローン、と言っても聞こえは今一つかもしれませんが・・・

これだけのシステムであれば友人にも親戚にも薦められる、という方もいらっしゃいます。


商品を決めるにはまず審査が必要ですが、仮審査に通ってもその後、
長い間待たされフラット35の本審査に落ちたということもあります。


完済したローンの残高証明等の面倒な手続きもまじめに取り組んだ結果、
フラット35で絶対に買うと決めていたマイホームが去っていく。。。。

これはちょっと、と思われる方が多いでしょうし、
審査に落ちたらそこで一戸建ての夢をあきらめるという場合もフラット35 審査 落ちた
多いでしょう。

全額NGという場合は特に落ち込んでしまいます。


フラット35の本審査とは銀行での計画であれば
おそらくは住宅金融公庫での審査を言うでしょう。

この審査に通るためにうまい仕組みがあるのかどうかはわかりませんが、
・あぶなかったのに通った
・絶対大丈夫だと思ったのに落ちた

などなど色々なケースがあります。

相談する先も乏しく、身内や友人に詳しい話を聞く等するしかありません。
なかなか住宅ローンの審査に落ちた知り合いを探すのは大変だと思いますが・・・。

スポンサードリンク

posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | フラット35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。