新生銀行の住宅ローン審査


繰上げ返済が無料保証料がかからず繰上げ返済の際に戻ってくる新生銀行 住宅ローン 審査
などの特徴を備えた新生銀行の住宅ローン、審査はどうなのでしょうか?

ずばり厳しいという判断が多いようです。

転職間もないや雇用形態の選別も厳しく、
はっきりいって正社員としてのキャリアを問う等、
審査通過以前につかんでおくべきポイントが多そうです。


また条件ももちろんあり、ローン完済年齢の判断、団体生命保険加入の有無、
前年年収、国籍、
その他所定の資格に合致するかどうか、といったところのようです。


円預金や投資信託等いずれも上位に食い込む評価の新生銀行。
なかなかこちらのパワースマート住宅ローンについては敷居が高いようです。



しかしながら資格として規定されている項目をクリアすれば新生銀行 住宅ローン 審査
通過する確立も高いのではないかと憶測されます。

手数料等が他に比べて断然得なことも考えると
一定の資格を持った方ならメリットが多そうです。

新生銀行パワーフレックス口座にも色々な商品があります。
ATM利用の優遇等もチェックポイントになるようです。

現時点でコンビ二での引き出し手数料がゼロ円など、
預金者にとっては得な面がかなりありそうです。
なのでメインバンクとして利用されているならば、
一度審査してみるに値する住宅ローンと思われます。

スポンサードリンク

posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。