住宅ローンの破綻予備軍の返済をどうするのか?


住宅金融公庫からの住宅ローン融資を受けて持家をした人たちのうち、住宅ローン 破綻 予備軍
同じローンによる破綻の可能性がある破綻予備軍の数が
100万件にかかる
といわれています。

これが住宅ローン破綻予備軍です。

その後の不景気は言うまでもなく、そして融資をした方の公庫の見通しの甘い部分と
同時に利用者の計画の甘さ等が上げられています。

これまで景気に頼って返済ができていたほど見通しが甘かった
ということではないと思われますが、

多額の融資を受けて返済する以上、リスクも多少あることを考えた上でも
まだ甘い部分が本当にあるのかどうかは
なかなか判断は難しいのではないかと思われます。


しかし昔ほど給料が上がらないような構造になっているということを考えると
色々なデメリット、経済上の不安も出てくるものだと予想はされます住宅ローン 破綻 予備軍

気の毒にせっかく建てたマイホームが危機的だと知った人もいるでしょう。

返済能力や健康上の問題がない人は他の低金利のほうに
借り換えをしてしまっても、
残された不安の多い利用者は住宅ローン返済まで
どうしていいものかわからずじまいです


住宅ローン破綻の対応策というのはあるのでしょうか?
予備軍を試算しただけで自分もおそらくそうではないかと
不安に思う人が増え、そのまま悪い影響を残すしているだけではないでしょうか?


スポンサードリンク

posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | 借り換え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。