フラット35の返済期間


住宅を購入するにあたってその金額を一括で全て払えるという方は非常に少ないと思います。
住宅を購入するほとんどの方が住宅ローンを利用して長期間かけての支払いをされているかと思います。

当然住宅ローンには金利というものがついてくるので、一括で支払いをするよりは最終的な支払額は多くなります。
しかし購入時には大きな資金が必要なく、安定した収入さえあれば返済できるので、
それほど大きな収入がない方でも物件を購入することができます。

住宅ローンにも問題点があり、金融事情によって金利が変動するということです。
場合によっては金利が上昇してしまい、当初考えていたより多くの支払いが必要になることもあります。

そんな不安をなくしたのが住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携したフラット35です。

フラット35最長35年という返済期間を一定の金利で返済することができる住宅ローンです。
金利が一定なので借入時に最終的な支払額が確定するので将来のプランが立てやすいのが特徴です。

フラット35は最長35年の返済期間ですが、
当然短い返済期間に設定すればそれだけ金利も低くなり、
長く設定すれば金利も高くなります。

借入時に自分にあった返済プランを考えましょう。

スポンサードリンク

posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | フラット35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。