財形住宅金融のフラット35


住宅ローンを利用すればまとまった資金がなくても安定した収入があれば、
毎月少しづつ住宅の代金を払うことで高額な物件も手に入れることができます。

この住宅ローンの1つとして住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して提供されてるのがフラット35です。

通常の住宅ローンでは金利が金融事情によって変動してしまうという不安がありました。
金利が返済途中で上昇する可能性があるわけですから、
最終的に支払う総額が確定しません。


しかしフラット35は最初の決定した金利がそのまま変動せずに継続されるので、
最初に支払い総額が確定し、その後のプランが組みやすいのです。

様々な金融機関からフラット35が提供されています。
例えば財形住宅金融株式会社です。

財形住宅金融は厚生労働大臣登録の福利厚生会社で、住宅ローンを利用する多くの人が頭を悩ませる
実際の融資が発生するまでのつなぎ資金の融資も受けることができます

財形住宅金融のフラット35についてですが、申込資格に関しては税込収入が400万円未満の場合その額と年間返済額の比率が30%以下であるということ、
また年収が400万円以上の場合はその比率が35%以下であること
が条件となっています。

また融資限度額は8,000万円、もしくは住宅建設費または購入価格の100%以内のどちらか低い金額となっています。

スポンサードリンク

posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | フラット35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。