自営業の場合のフラット35


自営業をしている友達が住宅ローンを組んだので、
個人事業主でも住宅ローンが組めるのか、調べてみました

住宅を購入する際の住宅ローンの形にはいろいろとありますが、
最近人気となっているのが「フラット35」です。

これは借入から返済まで最長35年間金利が変動せず一定になるというもので、
将来のライフプランをたてやすいというのが魅力です。

フラット35を利用する際に自営業の方や個人事業主、会社経営者の方は、
一般の会社員や公務員と比較して審査が通りにくいというのが現状です。

金融機関からするといろんな審査基準がありますが、
結局は返済する能力があるかどうかが重要です。

自営業の方がフラット35を利用して融資を受けるためには
過去3年間の黒字の決算が必要です

決算が赤字だと金融機関からは安定した返済能力がないとみなされてしまい
融資を受けにくくなります。

会社員や公務員の方はたとえ勤め先が赤字だったとしても、
本人の収入が安定していれば融資を受けることができますが、
自営業の方の場合はこのあたりが辛いところですね。

基本的にこのあたりに厳しいのは特に銀行が多いのですが、
最近では銀行以外の金融機関でもフラット35を取り扱っており
そういうところでしたら自営業の方でも借りやすい場合がありますので、
銀行ではダメでも他の金融機関をいろいろと調べてみると良いと思います。


スポンサードリンク

posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | フラット35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。