他の借入がある場合のフラット35審査


住宅を購入する際に多くの人が利用するのが住宅ローンですよね。
なかなか一括で支払いができるという人はいないと思いますから、
ほとんどの方は住宅ローンを利用してマイハウスを手に入れることだとおもいます。

住宅ローンの中でも人気なのが「フラット35」です。
フラット35は最長35年間金利が一定で変動しないのが特徴です。

フラット35を利用するには他の住宅ローンと同じように審査に通ることが必要となります。

審査では安定した収入があるのかどうか、安定して返済する能力があるのかどうかが見られるわけですが、
同時に他の借入というのも審査の対象になります。

他の借入に対する支払いがあれば当然それだけ支払い能力が必要となるわけですから、
より安定した高収入が求められることにもなります。

また、他の借入において返済の遅延があったり、消費者金融からの借入等があった場合は審査が厳しくなります

他に借入がないのが当然一番良いですが、
あったとしても完済して解約済みであればほぼ問題はありません。

同時進行で借入になる場合や延滞などの事故履歴がある場合は注意が必要ですね。
審査が緩いところを探せば融資してくれる金融機関も見つかるかもしれませんが、
その分金利的に不利になるなどの可能性も十分あるでしょう。

スポンサードリンク

posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | フラット35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。