頭金なしのフラット35


フラット35は2009年から頭金なしで住宅ローンを借入できるようになりました。
住宅ローンを頭金なしで借入できるというのはあまり貯蓄がなくて住宅の購入を躊躇している方にとってもありがたいことだとは思います。

しかし頭金なしで借入ができるからといって、そう簡単に決めてしまうのも早計です。
フラット35など住宅ローンでは頭金が必要なかったとしても、
実際に借入を行う際や住宅購入のためにいろんな費用が必要となります

つまり頭金がないからといって住宅購入のローン支払いだけを考えればいいわけではなく、
それなりの初期費用の用意が必要というわけです。

住宅を購入する際に必要な費用は売買契約書に貼る印紙代や不動産登録免許税、
登記の際の司法書士への報酬、引越しにかかる費用、
不動産取得税、固定資産税、火災保険料などさまざまな費用が発生します。

一つ一つは住宅購入の費用と比べれば小さな物ですが、
全部まとめると意外と多くの費用が必要となります。


もちろん生活をしていく上で住宅以外いにもお金を使う場面はたくさんあるわけですから、
頭金がないとはいえある程度の余裕がない場合はフラット35などの住宅ローンを利用するのも少し検討したほうがよいでしょう

スポンサードリンク

posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | フラット35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。