フラット35と木造住宅工事仕様書


木造住宅工事仕様書というのは設計図面には表すことができない内容を文章で書き表したものの事を言います。

住宅を設計・施工するためには図面では表すことができない施工方法や使用する建材、
仕上げなどについても予め決めておく必要があります。
使用する材料の名称や施工方法などを工事請負契約書に添付する木造住宅工事仕様書に記載しておくことでトラブル防止にもなります。

例えば断熱工事をした際に設計図面には断熱材の素材については記載されると思いますが、
防湿剤の使用などをする場合は工事仕様書に記載されることになります。

木造住宅工事仕様書はフラット35の設計検査申請書類として用いることができます。

フラット35を利用して適合証明機関に設計審査を申請する場合には
証券化支援住宅技術基準に適合していることを確認できる書類を提出する必要があるわけですが、
その際にこの工事仕様書が活用できるわけです。

住宅金融支援機構ではフラット35に適合するものとして標準的な仕様をまとめた工事仕様書を監修しているので、
この仕様書は工事を行う大工さんにとっても具体的な施工手順や材料などが掲載された参考書としても使用できます。

仕様書通りに施工することで耐久性や耐震性の高い住宅を建てることができるのです。

スポンサードリンク

posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | フラット35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。