住宅ローンの繰上げ返済の時期を決める


住宅ローンについてポイントとなるのが繰上げ返済だと思います。住宅ローン 繰上げ返済 時期

すでに借り入れをしてしまった場合には
ボーナス等のまとまったお金の一部を充当するのです。

後々の返済の計画を見直すことができます。
他の支出を計画したり、その後の返済を楽にしたりとメリットは多いはずです。


そしてすでにある返済額を少なくすることができるという実感
かなり精神的に軽いものだと思います。




100万円の繰上げ返済をしたとした場合。
その倍以上の利息額をカットする結果になることもあるようです。住宅ローン 繰上げ返済 時期

しかしこれは借り入れがかなり進んでいる場合には
あまり効果はないかもしれません。
それでも5年ぐらいは目処にできるのではないでしょうか?

期間を短縮できるような時期のプランが最もいいのかもしれません。

返済額を軽くしていくという住宅ローンプランもあります。
これは先行きが長ければ後者もなにかとプラスになる可能性もあります。

それでもやはり借り入れを早く済ますことのメリットは多いでしょう。

つまり時期としてもちろん早ければ早いほうがいいと思います。

回数も多いほうがいいというのが大体の住宅ローンシステム商品に当てはまるのではないでしょうか?
または借り入れの初めからそういった繰上げ返済プランを立てる場合には
もっと現実的になって時期を考えることができると思います。
posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

団体信用生命保険は住宅ローンでは不要?


住宅ローンを組む場合に気になるのが団体信用生命保険です。団体信用生命保険  住宅ローン 不要

銀行などでの住宅ローンの場合は義務としているところが多いですし。
なにより不要と考えるにはデメリットも多いとお考えの方が多いようです。

死亡した場合に債務はどうなるのか?
というとやはり家族に残されると考えるのが普通です。

そのためにも死亡した場合は保証により完済されるような優良なシステムを探したいものです。

なかには保障の効力が限定される場合もありますので充分に返済プランを見直しましょう。
見直す点は
何歳まで返済しなければならないのか?
自分の健康状態はどうなのか?
など現在の健康状態も含め、検討することが大事と思われます。


見直すのあが不要であると言えばそのままで、
支払いが滞りなくできる自信があれば不要でかまわないのだと思います。

しかし住宅ローンの性質を考えますと、団体信用生命保険  住宅ローン 不要
どうしてもそのようなことをお勧めはできません。


団体信用生命保険を義務つけていない商品の場合、
保険等に入ってまかなえばいい等を考えることも可能と思いますが、
保険を解約してこちらに加入するということを考える方も多いようです。


また団体信用生命保険加入することにより得をする場合もあるようです。

商品の金利や返済プランを充分に練った後で、
団体信用生命保険は必要なのか不要なのかを検討し、
プランニングすることが必要です。
posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅ローンという借金と審査


住宅ローンは、審査に通らなければ借りることができません。住宅ローン 借金 審査

多額の借金をするのですから、
借りる側も慎重になります。
もちろん貸す側も審査に漏れがないようにかなりの作業を強いられるものと思います。


しかし貸す側の審査も色々です。

どこの業者も一様な内容を調査するとは限らず、口コミなどで審査の甘い商品を調べたり、
最初は審査の厳しい条件のよい商品ばかり目当てにするものでしょう。


住宅ローンはどういった業者の商品がいいのでしょう?

やはりメガバンクが安心なのでしょうか?
それとも電気メーカ系のバンクや専用の不動産関連の業者が適しているのでしょうか?


審査を申し込む前に色々なことが気になり、住宅ローン 借金 審査
せっかくまとめた後でもまた調べなおすことも多々あるようです。

住宅ローンある程度余裕を持った借金計画
必要だと人づてにもよく聞きます。

審査に通ったからといって安心することはできない、というのが一般論・・・

借金の額を毎月見直すようなことにならないようにしなければなりませんね。
余裕があるといって無駄遣いすることも厳禁な世界でしょう。

審査を受けた後、また見直すことも必要かもしれませんね。

審査のために四苦八苦し、あとはもう任せっぱなしでは
後々何もならなかったと気づくことにもなるのでしょう。
posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅ローンでの団信加入と三大疾病について


住宅ローンにおいて、よく三大疾病保障特約等の用語を聞くことがあります。団信 住宅ローン 三大疾病

加入することで悪性の癌、急性の心筋梗塞、
それから脳卒中という重い病気、入院が長引く恐れが充分にある病気になった場合。
住宅ローンの債務を保険金によってまかなうことができます


三大疾病になってしまう危険は死亡とほぼ同じようなものだと考えているのです。

加入の際は家族の債務等を減らす、あるいはなくするためにも加入を考える方は多いようです。

団信加入はたとえば銀行での住宅ローンの場合も
特定の保険会社を指定してある場合もあります。



住宅ローンは長い間支払いが発生します。
老後のことを考え、また、家族の成長に伴った支出の増加等も考慮すれば
当然加入するものだと考えて問題ないと思います。

まずは団信のしてくれる保証内容をきちんとつかむことが大事です。団信 住宅ローン 三大疾病
住宅ローンを組む際に金利や商品自体のその他の要素を把握し、
団信加入の必要性を考え、長いものであれば三大疾病についても
別途オプションとして考えるべきだと思われます。


万が一残された家族の生活費というものを考えます。
そして年金や保険金等の事情を考慮し、すでに加入している保険金の額等も考慮し、
ベストなプランを決定することは複雑な作業となります

だから不安な方は専門的な知識がある
保険のプランナーに相談するのもよいかもしれません。
posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅ローンと連帯保証人そして破産を想定して考えよう


住宅ローンを組む際に連帯保証人が必要になった場合。住宅ローン 連帯保証人 破産

または連帯保証人を頼まれた場合。

住宅ローンは多額の借金であることから、誰もが慎重になることと思います。


まずは連帯保証人破産等の事故を起こした場合は
返済に関して何か変化があることは無いと思われます。

ただし連帯保証人になったことで
何らかの債務を引き受けたりすることがあります。


その後の返済に滞りができてしまったりする恐れは充分にあることから、
破産者となったら相談に乗ったりすることが大事でしょう。

返済者自身が自己破産してしまった場合は返済は無理というのが普通です



強制執行によって競売に出されますので、住宅ローン 連帯保証人 破産
家の価値というのも関係します。
しかし本人は債務はなくなり、
連帯保証人のほうに債務が回されるということが常のようです。

ですので保証人のリスクは非常に高いものだと思って間違いないでしょう。

連帯保証人になる場合はその家の価値や自分の債務になるだろう
額等を充分に認識しておくことが大事のようです。

住宅ローンを組めたのだから
返済能力があるものだと信じ込むことは
しないほうが妥当でしょう。

どうしても家を買って欲しい場合等は要注意。
保証人になってほしいと頼まれても充分にその後時間をかけて
相談に乗ることがポイントだと思います。
posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。