フラット35の審査に落ちた理由とは


フラット35というシステムの人気は落ちることがありません。フラット35 審査 落ちた
長期の固定金利、借り入れの際の金利が末永く続きます。

団信への加入ももちろんできますし、借り換えも現在では保障型においてできるようになっています。


長年付き合える住宅ローン、と言っても聞こえは今一つかもしれませんが・・・

これだけのシステムであれば友人にも親戚にも薦められる、という方もいらっしゃいます。


商品を決めるにはまず審査が必要ですが、仮審査に通ってもその後、
長い間待たされフラット35の本審査に落ちたということもあります。


完済したローンの残高証明等の面倒な手続きもまじめに取り組んだ結果、
フラット35で絶対に買うと決めていたマイホームが去っていく。。。。

これはちょっと、と思われる方が多いでしょうし、
審査に落ちたらそこで一戸建ての夢をあきらめるという場合もフラット35 審査 落ちた
多いでしょう。

全額NGという場合は特に落ち込んでしまいます。


フラット35の本審査とは銀行での計画であれば
おそらくは住宅金融公庫での審査を言うでしょう。

この審査に通るためにうまい仕組みがあるのかどうかはわかりませんが、
・あぶなかったのに通った
・絶対大丈夫だと思ったのに落ちた

などなど色々なケースがあります。

相談する先も乏しく、身内や友人に詳しい話を聞く等するしかありません。
なかなか住宅ローンの審査に落ちた知り合いを探すのは大変だと思いますが・・・。

posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | フラット35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フラット35の返済期間


住宅を購入するにあたってその金額を一括で全て払えるという方は非常に少ないと思います。
住宅を購入するほとんどの方が住宅ローンを利用して長期間かけての支払いをされているかと思います。

当然住宅ローンには金利というものがついてくるので、一括で支払いをするよりは最終的な支払額は多くなります。
しかし購入時には大きな資金が必要なく、安定した収入さえあれば返済できるので、
それほど大きな収入がない方でも物件を購入することができます。

住宅ローンにも問題点があり、金融事情によって金利が変動するということです。
場合によっては金利が上昇してしまい、当初考えていたより多くの支払いが必要になることもあります。

そんな不安をなくしたのが住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携したフラット35です。

フラット35最長35年という返済期間を一定の金利で返済することができる住宅ローンです。
金利が一定なので借入時に最終的な支払額が確定するので将来のプランが立てやすいのが特徴です。

フラット35は最長35年の返済期間ですが、
当然短い返済期間に設定すればそれだけ金利も低くなり、
長く設定すれば金利も高くなります。

借入時に自分にあった返済プランを考えましょう。
posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | フラット35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北陸銀行のフラット35


住宅を購入する際に強い味方となるのが住宅ローンですよね。

住宅の価格というのは非常に高額ですが、
住宅ローンを利用することで長期間に少しづつ支払うことができ、
まとまった資金がなくても住宅を手に入れることができます

中でも金利が固定される「フラット35」が人気です。

フラット35は様々な金融機関が商品として提供しています。
例えば地方銀行の北陸銀行でも「機構買取型住宅ローン」としてフラット35が取り扱われています

北陸銀行の公式サイトでは以下のように特徴が紹介されています。
最長35年完済まで金利変更なし、融資限度額8,000万円、保証料、繰り上げ返済手数料不要
また住宅の「質」を確保ということで優良な住宅であることも保証されています。

北陸銀行の場合の融資対象者の条件は、
融資時年齢が20歳以上70歳未満であること、
日本国籍の方または永住許可を受けている外国人の方、
当該住宅ローンを含めた全ての借入金の総返済負担率が年収400万円未満の場合30%以下、
年収400万円以上の場合35%以下であること
となっています。

融資金額は100万円以上8,000万円以内で、
建設費(取り取得費含む)または購入価格の100%以内とされています。
posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | フラット35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フラット35と木造住宅工事仕様書


木造住宅工事仕様書というのは設計図面には表すことができない内容を文章で書き表したものの事を言います。

住宅を設計・施工するためには図面では表すことができない施工方法や使用する建材、
仕上げなどについても予め決めておく必要があります。
使用する材料の名称や施工方法などを工事請負契約書に添付する木造住宅工事仕様書に記載しておくことでトラブル防止にもなります。

例えば断熱工事をした際に設計図面には断熱材の素材については記載されると思いますが、
防湿剤の使用などをする場合は工事仕様書に記載されることになります。

木造住宅工事仕様書はフラット35の設計検査申請書類として用いることができます。

フラット35を利用して適合証明機関に設計審査を申請する場合には
証券化支援住宅技術基準に適合していることを確認できる書類を提出する必要があるわけですが、
その際にこの工事仕様書が活用できるわけです。

住宅金融支援機構ではフラット35に適合するものとして標準的な仕様をまとめた工事仕様書を監修しているので、
この仕様書は工事を行う大工さんにとっても具体的な施工手順や材料などが掲載された参考書としても使用できます。

仕様書通りに施工することで耐久性や耐震性の高い住宅を建てることができるのです。
posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | フラット35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全宅のフラット35


住宅を購入するほとんどの方は住宅ローンを利用して長期的な支払いを計画されると思います。
住宅ローンを利用すれば大きな資金がなくても住宅を購入することが可能となります。

住宅ローンにも問題点があり、
金融事情によって金利が変動するため金利が借入時より上昇する可能性があるということです。

その問題を解消した住宅ローンが「フラット35」です。
フラット35は借入時に金利を決定するとその金利が最長35年間固定されるので、支払総額が確定します。

フラット35は住宅金融支援機構と金融機関の提携によるもので、
様々な金融機関で取り扱われています。

例えば全宅住宅ローン株式会社でもフラット35の商品があります。

全宅住宅ローンを扱うことができるのは宅建協会の会員のみとなっており、
会員業者が取次や相談窓口になることで利用者に有利な住宅ローンを提供しています。

全宅は多くの方が住宅ローンを利用する際に頭を悩ませるつなぎ資金の融資も行なっています。

全宅のローンを利用しようと検討されるようでしたら、公式サイトからローンの返済シミュレーションへのリンクがありますので、ぜひ一度試してみてください。
とても簡単にシミュレーションができ、30秒もあればフラット35が利用可能であるかどうかが判断できます。
posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | フラット35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頭金なしのフラット35


フラット35は2009年から頭金なしで住宅ローンを借入できるようになりました。
住宅ローンを頭金なしで借入できるというのはあまり貯蓄がなくて住宅の購入を躊躇している方にとってもありがたいことだとは思います。

しかし頭金なしで借入ができるからといって、そう簡単に決めてしまうのも早計です。
フラット35など住宅ローンでは頭金が必要なかったとしても、
実際に借入を行う際や住宅購入のためにいろんな費用が必要となります

つまり頭金がないからといって住宅購入のローン支払いだけを考えればいいわけではなく、
それなりの初期費用の用意が必要というわけです。

住宅を購入する際に必要な費用は売買契約書に貼る印紙代や不動産登録免許税、
登記の際の司法書士への報酬、引越しにかかる費用、
不動産取得税、固定資産税、火災保険料などさまざまな費用が発生します。

一つ一つは住宅購入の費用と比べれば小さな物ですが、
全部まとめると意外と多くの費用が必要となります。


もちろん生活をしていく上で住宅以外いにもお金を使う場面はたくさんあるわけですから、
頭金がないとはいえある程度の余裕がない場合はフラット35などの住宅ローンを利用するのも少し検討したほうがよいでしょう
posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | フラット35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

財形住宅金融のフラット35


住宅ローンを利用すればまとまった資金がなくても安定した収入があれば、
毎月少しづつ住宅の代金を払うことで高額な物件も手に入れることができます。

この住宅ローンの1つとして住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して提供されてるのがフラット35です。

通常の住宅ローンでは金利が金融事情によって変動してしまうという不安がありました。
金利が返済途中で上昇する可能性があるわけですから、
最終的に支払う総額が確定しません。


しかしフラット35は最初の決定した金利がそのまま変動せずに継続されるので、
最初に支払い総額が確定し、その後のプランが組みやすいのです。

様々な金融機関からフラット35が提供されています。
例えば財形住宅金融株式会社です。

財形住宅金融は厚生労働大臣登録の福利厚生会社で、住宅ローンを利用する多くの人が頭を悩ませる
実際の融資が発生するまでのつなぎ資金の融資も受けることができます

財形住宅金融のフラット35についてですが、申込資格に関しては税込収入が400万円未満の場合その額と年間返済額の比率が30%以下であるということ、
また年収が400万円以上の場合はその比率が35%以下であること
が条件となっています。

また融資限度額は8,000万円、もしくは住宅建設費または購入価格の100%以内のどちらか低い金額となっています。
posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | フラット35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

他の借入がある場合のフラット35審査


住宅を購入する際に多くの人が利用するのが住宅ローンですよね。
なかなか一括で支払いができるという人はいないと思いますから、
ほとんどの方は住宅ローンを利用してマイハウスを手に入れることだとおもいます。

住宅ローンの中でも人気なのが「フラット35」です。
フラット35は最長35年間金利が一定で変動しないのが特徴です。

フラット35を利用するには他の住宅ローンと同じように審査に通ることが必要となります。

審査では安定した収入があるのかどうか、安定して返済する能力があるのかどうかが見られるわけですが、
同時に他の借入というのも審査の対象になります。

他の借入に対する支払いがあれば当然それだけ支払い能力が必要となるわけですから、
より安定した高収入が求められることにもなります。

また、他の借入において返済の遅延があったり、消費者金融からの借入等があった場合は審査が厳しくなります

他に借入がないのが当然一番良いですが、
あったとしても完済して解約済みであればほぼ問題はありません。

同時進行で借入になる場合や延滞などの事故履歴がある場合は注意が必要ですね。
審査が緩いところを探せば融資してくれる金融機関も見つかるかもしれませんが、
その分金利的に不利になるなどの可能性も十分あるでしょう。
posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | フラット35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ろうきんのフラット35


住宅を購入するにあたり多くの方が利用するのが住宅ローンですよね。

住宅ローンで頭を悩ませるのが金利の変動です。
金融事情の変化によって金利が上昇することがあるので、
長期的なプランを立てにくいのが問題です。

これを解消した住宅ローンが「フラット35」です。
フラット35は最長35年間金利が変動せず一定なので、将来的なプランを立てやすいのが魅力です。

フラット35住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して行なっているものなので、
様々な金融機関で商品として扱っています

どの金融機関を選ぶかというのも少し頭を悩ませるかもしれませんね。

条件次第ではろうきんがオススメかもしれません。

ろうきんで借入をするメリット団体会員や生協会員の場合融資手数料がお得になるという点です。
会員以外は31,500円の融資手数料が団体会員か生協会員の場合は10,500円と三分の一になります。

この場合の団体会員というのはろうきんに出資している労働組合、
国家公務員・地方公務員等の団体、
勤労者のための福利共済活動を目的とする団体
で一定条件を満たすものなどが対象となります。

こういった条件にあてはまる方や生協会員の方であればろうきんから借入するのが良いかもしれませんね。
posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | フラット35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自営業の場合のフラット35


自営業をしている友達が住宅ローンを組んだので、
個人事業主でも住宅ローンが組めるのか、調べてみました

住宅を購入する際の住宅ローンの形にはいろいろとありますが、
最近人気となっているのが「フラット35」です。

これは借入から返済まで最長35年間金利が変動せず一定になるというもので、
将来のライフプランをたてやすいというのが魅力です。

フラット35を利用する際に自営業の方や個人事業主、会社経営者の方は、
一般の会社員や公務員と比較して審査が通りにくいというのが現状です。

金融機関からするといろんな審査基準がありますが、
結局は返済する能力があるかどうかが重要です。

自営業の方がフラット35を利用して融資を受けるためには
過去3年間の黒字の決算が必要です

決算が赤字だと金融機関からは安定した返済能力がないとみなされてしまい
融資を受けにくくなります。

会社員や公務員の方はたとえ勤め先が赤字だったとしても、
本人の収入が安定していれば融資を受けることができますが、
自営業の方の場合はこのあたりが辛いところですね。

基本的にこのあたりに厳しいのは特に銀行が多いのですが、
最近では銀行以外の金融機関でもフラット35を取り扱っており
そういうところでしたら自営業の方でも借りやすい場合がありますので、
銀行ではダメでも他の金融機関をいろいろと調べてみると良いと思います。
posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | フラット35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。