北陸銀行のフラット35


住宅を購入する際に強い味方となるのが住宅ローンですよね。

住宅の価格というのは非常に高額ですが、
住宅ローンを利用することで長期間に少しづつ支払うことができ、
まとまった資金がなくても住宅を手に入れることができます

中でも金利が固定される「フラット35」が人気です。

フラット35は様々な金融機関が商品として提供しています。
例えば地方銀行の北陸銀行でも「機構買取型住宅ローン」としてフラット35が取り扱われています

北陸銀行の公式サイトでは以下のように特徴が紹介されています。
最長35年完済まで金利変更なし、融資限度額8,000万円、保証料、繰り上げ返済手数料不要
また住宅の「質」を確保ということで優良な住宅であることも保証されています。

北陸銀行の場合の融資対象者の条件は、
融資時年齢が20歳以上70歳未満であること、
日本国籍の方または永住許可を受けている外国人の方、
当該住宅ローンを含めた全ての借入金の総返済負担率が年収400万円未満の場合30%以下、
年収400万円以上の場合35%以下であること
となっています。

融資金額は100万円以上8,000万円以内で、
建設費(取り取得費含む)または購入価格の100%以内とされています。
posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | フラット35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フラット35と木造住宅工事仕様書


木造住宅工事仕様書というのは設計図面には表すことができない内容を文章で書き表したものの事を言います。

住宅を設計・施工するためには図面では表すことができない施工方法や使用する建材、
仕上げなどについても予め決めておく必要があります。
使用する材料の名称や施工方法などを工事請負契約書に添付する木造住宅工事仕様書に記載しておくことでトラブル防止にもなります。

例えば断熱工事をした際に設計図面には断熱材の素材については記載されると思いますが、
防湿剤の使用などをする場合は工事仕様書に記載されることになります。

木造住宅工事仕様書はフラット35の設計検査申請書類として用いることができます。

フラット35を利用して適合証明機関に設計審査を申請する場合には
証券化支援住宅技術基準に適合していることを確認できる書類を提出する必要があるわけですが、
その際にこの工事仕様書が活用できるわけです。

住宅金融支援機構ではフラット35に適合するものとして標準的な仕様をまとめた工事仕様書を監修しているので、
この仕様書は工事を行う大工さんにとっても具体的な施工手順や材料などが掲載された参考書としても使用できます。

仕様書通りに施工することで耐久性や耐震性の高い住宅を建てることができるのです。
posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | フラット35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セゾンの火災保険と割引について


セゾンの火災保険についてですが、
大きな特徴としては自由に補償が選べるというものがあります。

マンションやアパートにお住まいの場合、
水災はいらない、といった選択や一戸建てで盗難をつけたい、
などと必要な補償を選べます。

また時価ではなく新価としての支払いもあるようです。
時価だと価値が下がり、あまり金額が出ない場合もありますが、
こちらだと新築の時と同じ状態に立て直したり、
家財を修復できる補償という事です。

あと一つが家財の保険金額を自由に設定できるとあります。

この様にセゾンの火災補償は割引というよりも、
いるものを組み合わせる事が出来る
ので
人気のようです。

また、昨今では何かを調べる際に必ずといっていいほど、
インターネットでお調べになる事がおおいでしょう。

そんな時セゾンの火災保険のページ
とても見やすいという印象もあります。

そして「カンタン見積り」というページがあることで、
保険料もわかりやすい
のでしょう。

口コミなどでもセゾンの火災保険は「安い」や「割引がある」など
安い印象が多いみたいです。
割引ではないのですがそう感じるのかもしれません)

しかし、専門の代理店などがないので不安な方も多いようです。
posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | 火災保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車庫や物置の火災保険


火災保険では建物だけではなく、家財などにも保険をかける事は多いです。
しかしよく考えてみると、建物とは別に塀や物置、
車の車庫など
色々と建物の外にも色々な物がある方も多いでしょう。

門や塀というのは建物と同じように考えられる保険会社もありますが、
別に置いてある物置や別の棟になった車庫などはどうでしょうか。

火災保険には建物付属物と表現されているくくりがありますが、
それらに門、塀や畳建具、造作、物置、自家用車専用車庫などが含まれます。
これら建物付属物は契約時に火災保険に入れるか入れないかを選ぶ事も出来るようです。

せっかく立派な門や物置を購入したのに火災で全てが焼けてしまった。
更に保険料がおりない、なんていう事はとても被害も大きく金額も負担が大きいでしょう。

例えば物置や塀が事故により破損した場合などもこの火災保険で建物付属物の契約をしていれば保険が適用される事もありますので、値打ちのある物置や車庫などにはかけておいたほうがよさそうですね。

また他に建物付属物としてあてはまる物としては、
建物に固定してあるアンテナや浴槽や建物に取り付けてあるガスコンロや流し台、
調理台、もしエレベーターなどが付属してある住宅はこちらも入ります。
しかし、庭の木などは含まれないようです。
posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | 火災保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全宅のフラット35


住宅を購入するほとんどの方は住宅ローンを利用して長期的な支払いを計画されると思います。
住宅ローンを利用すれば大きな資金がなくても住宅を購入することが可能となります。

住宅ローンにも問題点があり、
金融事情によって金利が変動するため金利が借入時より上昇する可能性があるということです。

その問題を解消した住宅ローンが「フラット35」です。
フラット35は借入時に金利を決定するとその金利が最長35年間固定されるので、支払総額が確定します。

フラット35は住宅金融支援機構と金融機関の提携によるもので、
様々な金融機関で取り扱われています。

例えば全宅住宅ローン株式会社でもフラット35の商品があります。

全宅住宅ローンを扱うことができるのは宅建協会の会員のみとなっており、
会員業者が取次や相談窓口になることで利用者に有利な住宅ローンを提供しています。

全宅は多くの方が住宅ローンを利用する際に頭を悩ませるつなぎ資金の融資も行なっています。

全宅のローンを利用しようと検討されるようでしたら、公式サイトからローンの返済シミュレーションへのリンクがありますので、ぜひ一度試してみてください。
とても簡単にシミュレーションができ、30秒もあればフラット35が利用可能であるかどうかが判断できます。
posted by 住宅ローンの借り換え、金利動向、あなたならどうする? at | フラット35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。